まだ間にあう 秋の京都
たんごのにぎす(おきぎす)|京都府

丹後のニギス(オキギス)

年間150t余りが水揚げされるニギスは、オキギスとも呼ばれる

概要

丹後では”オキギス”と呼ばれる魚は、シロギスに似ていることからニギス(似鱚)とも呼ばれる。しかし、分類上はまったく異なり、ニギスは背中の後方に脂ビレを持つことからサケの仲間で、シロギスはスズキ科に属する。とれたてのニギスは、鱗(うろこ)に覆われ青みがかった鮮やかな銀色をしているが、鱗がはがれやすく、店頭に並ぶころには、その鮮やかさを失ってしまうため、新鮮さが重要な魚だ。丹後の漁港には年間150トン余りが水揚げされ、主に煮付け、天ぷら、から揚げなどで食べられる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 京都府舞鶴・宮津・京丹後
9月 10月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP