たんごのでっちようかん|京都府

丹後の丁稚ようかん

甘さ控えめでみずみずしく、ツルンとした食感。丹後の冬の名物

概要

”丁稚羊羹”は、古くから京丹後地方で作られる冬の水ようかんのこと。水ようかんは夏の風物詩と思われがちだが、京丹後では冬に食べる。夏の水ようかんに比べて甘みや寒天の量を抑えているので、控えめな甘さでみずみずしく、ツルンとした舌触りが楽しめる。他の地域でも水ようかんは作られるが、丹後の丁稚羊羹はつぶ餡を使用するのが特徴。名前の由来は、煮詰めが足りず、ようかんとしては「半人前」から「でっち」と名付けられた説。見習い職人でも作れるからという説。また丁稚奉公する子どもに持たせたという説がある。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 京都府舞鶴・宮津・京丹後
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP