とりやさいなべ|石川県

とり野菜鍋

万人がハマる懐かしい味 石川県の代表的な郷土鍋

概要

江戸時代の廻船問屋が「厳しい航海を乗り切るために船上で栄養価の高い食事を」と考え出されたのが発祥といわれる鍋料理。栄養バランスに優れた鍋料理で、とり野菜鍋の「とり」はトリ肉からではなく、野菜や栄養をとるという意味からきているそうだ。白菜、玉ねぎ、ねぎ等を煮込んで、野菜の甘みが滲み出た煮汁に、にんにくや香辛料を加えた特殊調味味噌があわさってできる程よい甘辛さが絶妙。地元民に限らず、数多くのリピーターが存在するという、知る人ぞ知る人気鍋だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 石川県金沢能登半島輪島・珠洲和倉温泉・七尾加賀・白山
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP