べえすけなべ|香川県

べえすけ鍋

大アナゴ「べえすけ」の舌の上でとろけるような食感に舌鼓

概要

べえすけとは、瀬戸内海沿岸で使われる俗称で、体長50センチを超える大アナゴのこと。普通のアナゴに比べ、脂が多く、歯ごたえが強いため、あまり食べられることはなかったが、鍋に入れることで脂の多さが逆に強みとなり、口の中でじゅわっと広がるとろとろの食感が味わえる。べえすけは、出汁のベースに拘らず、様々な野菜や魚介類と一緒に鍋料理に使われるが、地元民には、とろとろの食感がより引き立つ、すき焼きの具として使うのも人気が高い。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 香川県高松丸亀・琴平・坂出小豆島・直島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP