たけのこじる|長野県

竹の子汁

毎年春にはかかせない長野北信地方のソウルフード

概要

長野県の特に北部では、常識とされるほど好んで食される定番食。〈BR〉毎年、ネマガリタケと呼ばれる細いチシマザサの新芽(たけのこ)が取れる5月から6月にかけて食べる習慣の味噌汁。〈BR〉新鮮なたけのこと缶詰のさば水煮を煮込み、信州味噌や越後味噌で味付けをする。味噌のしみたさばに、たけのこの歯ごたえがたまらない。家庭により酒かすで味付けしたり、豚バラや根菜などが使われることも。〈BR〉毎年春には店頭にさばの水煮缶が大量に並ぶという。近年では、ネマガリタケは瓶詰めでも販売され、通年竹の子汁を楽しめるようになった。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長野県野沢温泉・志賀高原
5月 6月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP