ほうさいえび|三重県

宝彩エビ

車エビ漁の歴史をその名に感じる、志摩・安乗の特産品

概要

三重県志摩市の安乗(あのり)漁村では、昭和初期、鯛の一本釣りが盛んで、そのエサとなるマドロというエビをとる際に、当時はとる習慣のなかった車エビが一緒に網にかかったという。これを見た漁師の片山重吉氏は、車エビを大量に確保するために、絹のような細い糸を使った「宝彩網」を考案。これが日本の車エビ漁の始まりといわれ、片山氏の功績は高く評価された。この話にちなんで安乗漁村でとれた車エビは”宝彩エビ”と呼ばれるようになった。大ぶりでコリコリとした身に、甘さと旨みがギュッと凝縮され、濃厚な味わいが楽しめる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 三重県伊勢・志摩・鳥羽
4月 5月 6月 7月 8月 9月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP