ひばやき|三重県

火場焼

囲炉裏(火場)で魚介類を生きたまま焼く、旨味抜群の郷土料理

概要

三重県志摩地方では、海女が暖をとる囲炉裏のような場所を“火場”と呼び、そこでとれたての伊勢エビをはじめ、新鮮な魚介類を炭火で焼いて食べる郷土料理が“火場焼”だ。いきたまま焼くことから“残酷焼”と呼ばれることもある。海女が多い、伊勢地方ならではの食べ方で、とれたてを味わう醍醐味と、素材本来のおいしさをダイレクトに楽しめるのが魅力。今では、三重県のみならず、関西や東海地方、関東から訪れる食通も多い。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 三重県伊勢・志摩・鳥羽
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP