さかいみなとのべにずわいがに|鳥取県

境港の紅ズワイガニ

漁期は秋から春。甘みがあり、水分の多いカニである。

概要

境港の紅ズワイガニは、そのまま漁港で塩茹でにされたり冷凍されて全国に出荷されている。
その高い水揚げ量から、加工用の原料としても活用されており、市販の冷凍のカニクリームコロッケやカニちらし寿司などカニ肉を使用する食品の多くに、境港の紅ズワイガニが用いられており、もっとも認識されている味のひとつであると考えられる。
同じ港で揚がるズワイガニとは大きく違いがあるが、地元の人や漁業関係者以外はその違いに気がつかないこともあるので注意が必要だ。
紅ズワイガニの身は甘みがあり、水分の多いカニである。保存中に水分が抜けて身が少なくなることを避けるため、甲羅を下にして保存する。境港では、水揚げされた紅ズワイガニが甲羅を下にした状態でずらりと並んでいる光景が見られる。
日本海の水深約500メートル~2500メートルの深海に生息しており、漁期は秋から春(9月1日~6月30日)。
ロープに50メートル間隔で150個のカニかごがついた漁具を、海底に約2昼夜沈めてカニが入るのを待つという「カニかご漁」で獲る。漁具の長さは、約1万mにもなり、これを9セットも使用する大規模な漁だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 鳥取県米子・大山・境港
別名 紅がに
1月 2月 3月 4月 5月 6月 9月 10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP