ふかんれいじんしゅんきたいさい|埼玉県

普寛霊神春季大祭

概要

本庄市は密教の霊地、木曽御嶽山開山の行者・普寛上人入寂(死去)の地。上人をしのんで春4月10日、秋10月10日に全国から信者が集まり、大祭を行います。春の祭りは猿田彦を先頭にお祓いパレードや稚児行列が行われるほか、桜の花が咲く境内で各種秘法・秘術、火渡り・刃渡りなどの荒行が展開します。●奇祭!=秘術・荒行……密教不思議の世界行者が指を組み、激しい声で韻を切ります。霊場には法螺貝(ほらがい)の音、秘術・釜鳴り、米炒りの音。矢倉に立てた梯子(はしご)は刃を立てた日本刀で組まれていて行者が刀身を握り、刃に足をかけて登ります。広場では、重ねた材木に火が放たれ、荒行「火渡り」が開始されます。普寛上人は仏道・神道を極め、数々の奇跡に恵まれた人物、祭りにも一種、摩訶不思議な密教世界が出現します。

基本情報

ジャンル イベント
地域 埼玉県熊谷・深谷・行田
4月
住所 埼玉県本庄市中央3-4-41
電話番号 【所在地】TEL:0495-22-4451 / 【問合せ】TEL:0495-22-4451
開催期間 2016.04.10~2016.04.10
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【開催地】普寛霊場 / 【観覧者数(年間)】約5,000万人

普寛霊神春季大祭へのアクセス

JR本庄駅から徒歩で15分

PAGE TOP