ひごむrさき<なす>|熊本県

ヒゴムラサキ<なす>

阿蘇、高森町から生まれた甘く柔らかな絶品野菜

概要

“ヒゴムラサキ”は、熊本の伝統野菜“熊本赤ナス”を品種改良して生まれた新品種。長さ約30センチ前後と通常見かける一般的なナスに比べ長く、赤紫の皮と太い果実が特徴だ。大きな野菜は「大味」と思われがちだが、生で食べられるほどアクが少なく繊細な味わい。加熱すると、とろけるようにやわらかな食感で、たまらない甘みが口に広がる。5月下旬から11月下旬にかけて大きさ・色・形・ツヤによって等級ごとに分別され、全国に出荷される。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 熊本県阿蘇・黒川(黒川温泉)
5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP