まごちゃ|千葉県

まご茶

海の上で孫を思う漁師の優しさがその名になった、お手軽船飯

概要

“まご茶”とは、つけ汁にひたしたカツオやアジなどの地魚を、ご飯の上にのせて、そこにねぎを加えて熱湯やお茶を注いだもの。地元の漁師が沖に出た時、船上で食していたのが始まりで、現在では家庭や飲食店で一般的に食べられている。使用する魚はその時々であるものを使い、熱湯やお茶のかわりに、出汁や白湯をかけることもある。まご茶と呼ばれるようになったのは、漁師が「家にいる孫にも食べさせてやりたい」といったからとも「忙しい漁の合間に、まごまごしないで食べられた」からともいわれている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 千葉県成田・佐倉銚子・佐原九十九里館山・南房総鴨川・勝浦木更津・君津千葉市・浦安・幕張柏・松戸
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP