つくいざいらいだいず|神奈川県

津久井在来大豆

強い甘みと旨みを持つ幻の大豆は、加工品にも最適

概要

神奈川県津久井郡で、昔からどの農家でも栽培されているのが“津久井在来大豆”。現在は地域で生産に取り組んでいるが、一時期、市場への流通が少なくなったことから“幻の大豆”とも呼ばれている。この大豆の栽培方法は昔ながらの無農薬栽培を踏襲しており、出来た大豆は、非常に甘みが強く、水煮や煎り豆などに調理しても味付けなしでコクが感じられる。味噌や豆腐、納豆などの加工品にしても豆の旨みが豊か。10月上旬に大豆になる前のものを収穫して作られる枝豆でもその味わいがしっかりと楽しめる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 神奈川県三浦半島横須賀
11月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP