どうしむらのくれそ|山梨県

道志村のクレソン

大自然の清水で育つ香り野菜。貧血や神経痛にも有効な優れもの

概要

山梨県南都留郡道志村は、日本有数の高品質なクレソン産地。昭和50年代半ば頃から、富士山の清らかな湧水をいかした水田転作作物としてクレソンの栽培が盛んになった。クレソンは、ミネラルや食物繊維が豊富で、カルシウムもほうれん草の約3倍を含んでいる。特に道志村にある「道の駅どうし」では、生のクレソンを始め、香りを生かしたまんじゅう、せんべい、粉末といった加工品が販売されている。肉料理に生で添えるのが一般的だが、胡麻和えや漬物、鍋物、味噌汁等の具材にしてもよくあう。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山梨県河口湖・富士吉田
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP