やきなす|新潟県

やきなす

幻の品種ともいわれる大振りでやわらかな身を持つ希少ななす

概要

越後平野の中に位置する豊栄地域を代表する大振りな品種“やきなす”は、約30センチもの大きさにもなるなすで、「幻の豊栄なす」ともいわれる希少な地場特産物。輸送中の鮮度低下に配慮して、そのほとんどを県内で消費するという。元々は自家採取で育てられた“えんぴつなす”で、その大振りなものだけから種をとり、育てたなすを焼いて食べたらおいしかったことから“やきなす”と命名され、栽培が始まったという。5月下旬~7月中旬くらいまでが旬であり、実の中に種が入っていないうちが一番おいしいということだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 新潟県新潟市周辺佐渡長岡・三条・柏崎上越・妙高越後湯沢・津南・十日町村上・新発田
5月 6月 7月 8月 9月 10月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP