のとときえび|石川県

能登とき海老

北陸の海が育むプリッと締まった食感ととろける甘さが魅力

概要

暖流と寒流が激しくぶつかりあう北陸の海に育まれた甘エビを、厳しい寒さの1月上旬から春頃まで行われる篭を使った伝統的な“えび篭漁”で大切に水揚げしたものが“能登とき海老”。鮮度を下げずに出荷できるよう、志賀町富来では、甘エビと共に殺菌した冷たい海水と酸素を入れて生きたまま輸送する。秋から冬のたっぷりと卵を抱えた時期は特に甘みが強い。また、少し時間をおくと、トロッとした食感と甘みが増すので、獲れたてプリッとした食味と、24時間冷蔵庫で寝かせた後のとろけるような甘みを食べ比べるのもおすすめ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 石川県能登半島輪島・珠洲
1月 2月 3月 4月 5月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP