くまのなだのかつお|三重県

熊野灘のカツオ

伝統の「ケンケン漁」も復活!黒潮にのってやってくる春秋の美味

概要

黒潮が流れる熊野灘は、回遊魚であるカツオの水揚げが盛んに行われており、5~6月頃には北上する“初カツオ”を、8~10月には産卵のため南下する“戻りカツオ”を求めるカツオ漁船で賑わう。熊野灘の荒波にもまれたカツオは、身が引き締まっているのが特長。近年では、明治時代にハワイから伝わったという「ケンケン漁」も復活。擬似餌を使って、一匹ずつ丁寧に釣り上げるこの漁法は、カツオを傷つけることなく、釣り上げてすぐに活け締めにできるので、高い鮮度と品質を維持できるといわれ、市場で高額取引がされている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 三重県津・松阪伊賀尾鷲・熊野伊勢・志摩・鳥羽四日市・桑名・鈴鹿
3月 4月 5月 6月 7月 9月 10月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP