くまのじどり|三重県

熊野地鶏

熱を加えても絶妙な歯応えが楽しめる、黒潮育ちのブランド地鶏

概要

江戸時代から闘鶏用のほか食用としても珍重されてきた、三重県原産の中型のしゃも“八木戸(やきど)”と、三重県の銘柄鶏“伊勢赤どり”に、日本三大地鶏の“名古屋コーチン”をかけあわせてうまれた“熊野地鶏”。名古屋コーチンのような赤みを帯びたピンク色の肉色で、弾力性に富んだ歯応えとさわやかな風味を持つ。胸肉やささみにも十分な旨みがあり、熱を加えても肉が硬くなり過ぎずジューシーな味わい。飼育期間は一般ブロイラーのおよそ2倍にもなる約100日間。広々とした鶏舎で平飼いされており、健康的に育てられている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 三重県津・松阪伊賀尾鷲・熊野伊勢・志摩・鳥羽四日市・桑名・鈴鹿
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP