いぶのめぐみ<いのぶたにく>|和歌山県

イブの恵み<イノブタ肉>

イノシシを父に、豚を母に持つ“イノブタ”は、まろやかな脂身が人気

概要

“イブの恵み”とは、オスのイノシシとメスの豚からうまれた”イノブタ”の愛称で、和歌山県すさみ町にある和歌山県畜産試験場でうまれた。イノブタは一代雑種にこだわり、豚肉に比べると赤みが濃く、歯応えがあり、保水性が高くて肉汁の漏出が少ないのが特長。あっさりとしていて風味が良い赤身と、甘くてコクのあるまろやかな脂身のバランスが絶妙で、クセや臭みがなくて食べやすい。和歌山県すさみ町は、イノブタの誕生を記念して「イノブータン王国」を建国するほど盛り上がっており、イノブタが盛んに育てられている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 和歌山県白浜・那智勝浦・串本
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP