くじらしょうゆ ふくぎょしょう|山口県

くじら醤油 ふく魚醤

下関が誇るクジラとフグから生まれた、全く新しいタイプの醤油

概要

ミンククジラの赤身を使い、しょうゆ麹と塩のみを原料とし、自然発酵して作られたのが”くじら醤油”。手間隙かけて作られたくじら醤油は、クジラの旨みが凝縮された、コクの深い味わいが特長。そして、本場下関産のフグを用いた”ふく魚醤”も、フグの淡白な旨みが凝縮した調味料である。どちらのしょうゆも、チャーハンや煮物、鍋の出汁になど、様々な料理のかくし味として幅広く使える。さらに、魚醤独特の生臭さがないのも特長だ。下関ならではの二大水産からうまれた、新しいタイプのしょうゆを試してみては?

基本情報

ジャンル お土産
地域 山口県下関・角島
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP