ひみのうどん|富山県

氷見のうどん

手間ひまかけた手延べうどん。こしが強く、つるんとしたのど越しが人気

概要

能登半島のつけ根に位置し、富山湾上に浮かぶようにそびえる立山連峰をシンボルとしている富山県の氷見(ひみ)市はの郷土料理のひとつが”氷見うどん”。生地を竹によりながらかける手述べで作られ、油を使わないヘルシーなうどんだ。氷見うどんのルーツは輪島のそうめんで、1751年(宝暦元年)に氷見市にある「高岡屋」が輪島の製麺技法をとり入れて作り始めたとされる。コシと粘りのある平たい細麺はつるんとしたのど越しを楽しめ、温かくても冷たくてもおいしい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 富山県高岡・氷見
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP