らうすのけいじ|北海道

羅臼の鮭児

全身がトロと形容される高脂肪な身。漁獲率が極めて低い希少な鮭

概要

知床周辺で漁獲される鮭の中で、1万分の1の確率でしかとれないといわれる”鮭児(ケイジ)”。未成熟のシロザケで、「幻のサケ」という呼び名もある。大きな特徴は、脂肪の比率の高さ。通常2~15%程度の銀毛シロザケに対し、鮭児は20~30%と極めて高い。全身がトロのような状態だ。体全体は小ぶりだが、刺身で食べるとトロッと舌の上で一瞬にしてとける。希少さゆえに手に入れるのは容易ではないが、価格も張るが、機会があれば食してみて欲しい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道稚内・留萌・利尻旭川・富良野・美瑛知床・網走・北見札幌十勝・釧路・根室洞爺湖・登別・日高函館小樽・余市・ニセコ
9月 10月 11月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP