ながさきざぼん|長崎県

長崎ざぼん

中国から伝わり長崎に定着した大振りの柑橘類

概要

”長崎ざぼん”は、江戸時代に中国より長崎に持ち込まれて以来、栽培が始まったといわれており、日本に初めて持ちこまれた原木は、現在でも長崎市内の西山神社の境内にあり、旬の12月には実をつけるという。長崎ざぼんは、食べる前から楽しめるさわやかな香りが特徴。皮をむくと赤みがかった大ぶりな果肉が出てくる。大ぶりな果肉は食べ応えがあり、柑橘系の甘酸っぱさを存分に堪能できる。剥いた皮をお風呂に入れれば、さわやかな香りが疲れを癒すざぼん風呂として楽しめる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長崎県長崎市佐世保・平戸諫早・大村・波佐見雲仙・島原壱岐・対馬・五島列島
11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP