たかしまとまと|長崎県

高島トマト

野菜とは思えないフルーツのような甘みを持つトマト

概要

高島は、元々炭鉱の町として栄えていたが、高島鉱山の閉山により人口が激減、その対策として始まった産業のひとつがトマト栽培。高島の土壌は塩分を含んでおり、トマトの原産地であるアンデスの土壌に近かったことからトマトが育てられるようになったという。塩分が多い土壌に加え、与える水と肥料を最低限に抑える「スパルタ農法」で作られる”高島トマト”は、植物が本来持っている生命力を発揮しながら力強く育ち、糖分が高くなるという。こうして出来た高島トマトの実は、メロン並みの甘さを持つフルーティーな味が楽しめる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長崎県長崎市佐世保・平戸諫早・大村・波佐見雲仙・島原壱岐・対馬・五島列島
2月 3月 4月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP