ながさきのたちうお|長崎県

長崎のタチウオ

食材としても、釣りのターゲットとしても人気がある”長崎のタチウオ”

概要

”タチウオ”は水深400メートル程度の泥底を好んで生息しており、長崎県の沿岸域近海にある深海層での漁獲が多い。釣り針にかかったときの引きが強いことから、漁師だけでなく、一般の釣り人のターゲットとしても人気があり、長崎県の沿岸域は、タチウオ釣りが楽しめるポイントとしても知られているようだ。タチウオは白身魚で食べやすく、刺身、塩焼き、照り焼き、フライ、煮付けなど、様々な料理で用いられる。身だけでなく、骨も食材とされ、フライにして酒のつまみなどで楽しめるようだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長崎県長崎市佐世保・平戸諫早・大村・波佐見雲仙・島原壱岐・対馬・五島列島
7月 8月 9月 10月 11月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP