きたごうちょうのげんぼくしいたけ|宮崎県

北郷町の原木しいたけ

自然に近い環境で原木栽培する歯応え・味・風味も格別なしいたけ

概要

クヌギ等の木に穴を開け種駒を打ち込み、しいたけの菌が木の中に拡充するまで1年ほど伏せ込みをすることで、気温の変化など、自然に近い環境の中で発生する”しいたけ”。宮崎の水と太陽を光で大事に育てられている。おがくず等で菌床栽培されるしいたけに比べて形は不揃いだが、歯応えや味、風味が格段に良く、特に乾燥しいたけにすると、栄養価が高く、凝縮された旨みを持つため、市場でも高い評価を得ている。生しいたけはしょうゆバター焼きやしゃぶしゃぶ等、乾燥しいたけは煮物にするとおいしく食べられる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 宮崎県宮崎市・都城・日南
1月 2月 3月 4月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP