へしこ|福井県

へしこ

そのまま焼いても良し、刺身やお茶漬けにしても美味な優れた保存食

概要

サバに塩を振り、ぬか漬けにした若狭の伝統保存食。サバを一定期間冷蔵室で保存することで、水分が抜けて、身が引き締まり、脂が凝縮される。そのサバを樽に入れて重石をして1週間ほど塩漬けにしたあと、塩、しょうゆ、みりん、酒、麹、唐辛子などをブレンドしたぬかの中で、1~2年かけて発酵させて、身の色があめ色になったら出来上がりだ。一般的な食べ方は、ぬかを落としたあと、スライスしてからグリルで焼く。しっかりと味が付いているので、ご飯のおかずにぴったり。刺身にして酢をつけたり、身をほぐして茶漬けにしても美味だ。

基本情報

ジャンル お土産
地域 福井県敦賀・小浜・若狭
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP