ふくおかけんのしろうお|福岡県

福岡県のシロウオ

伝統漁法の仕掛けで獲る福岡の春の味!淡白な味は調理方法も様々

概要

春の訪れを告げる”シロウオ”はハゼの仲間で、体長4~5センチ程で、背中の1列の黒点が特徴の白く透き通った魚だ。福岡市の西区と早良区の間を流れる室見川で、300年以上の歴史があるといわれる伝統的な漁法「やな漁」でとられており、やなが並ぶ景色は、町の初春の風物詩ともなっている。やな漁は、水温が上がり始める2月下旬頃から4月上旬頃まで行われ、その時期の川のほとりにはシロウオ料理を提供する店が並ぶ。酢じょうゆで喉ごしが味わえる踊り食いをはじめ、かき揚げ天ぷら、卵とじの柳川風など、様々な料理で楽しめる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 福岡県博多・天神・太宰府筑豊柳川・久留米・筑後北九州・門司・小倉糸島
2月 3月 4月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP