いもつぶし|滋賀県

いもつぶし

もちっとした食感の生地に牛そぼろ味噌を入れて焼いた復活伝統食

概要

江戸時代、東海道石部宿の庶民に親しまれた伝統食が”いもつぶし”。年貢や売り物にならないくず米と里いもを一緒に炊き、潰して丸めたものに味噌をつけて焼き上げたものが原型といわれている。その“いもつぶし”の生地の中に近江牛や地元野菜を使った“近江牛味噌そぼろ”を入れて、現代風にアレンジしたものが復活版・いもつぶしだ。具材を挟んで焼き上げれば、程よい焦げ目とふんわりと優しい味噌の香りが漂う。外はパリッと中はモチッとした食感で、素朴な味わいが現代の人にも親しまれている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 滋賀県大津・比叡山長浜・米原彦根・近江八幡信楽・甲賀
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP