おきしま りょうりのあゆに|滋賀県

沖島 漁師のあゆ煮

琵琶湖で育つ小アユを柔らかく甘辛く炊き上げた沖島伝統お袋の味

概要

夫婦で漁を行っている沖島のお母さんたちが、自分のお婆ちゃん、そのまたお婆ちゃんと代々受け継いできた調理法で炊き上げる”あゆ煮”。佃煮よりも短い時間で炊き上げ、やわらかくてあっさりとした甘辛さに仕上げてあり、懐かしい味わいだ。あゆ煮は新鮮な湖魚の保存食として昔から食卓に並べられ、お酒の肴やご飯のお供として沖島では定番の品。沖島の小アユ漁は刺し網漁の中でも独特の方法で、毎年4月頃から始められ、琵琶湖の恵みを享受する大事な伝統となっている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 滋賀県彦根・近江八幡
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP