おうみくろどりのもつにこみかれー|滋賀県

近江黒鶏のもつ煮込みカレー

鶏を知る鶏屋だからこそ作れた本格カレー

概要

”近江黒鳥(おうみこっけい)”は一般的な鶏に比べて低カロリーのエサで育成されるため、脂肪分が少ないヘルシーな鶏肉になる。一般的な鶏の飼育期間が50日程度なのに比べ、近江黒鶏は100日ほどかけて飼育するのも特徴で、じっくりと育てることで、コク、歯応え、栄養素がより充実し、深い味わいがうまれるという。その近江黒鶏のホルモンを使用した”近江黒鶏のもつ煮込みカレー”は、近江産コシヒカリを使い、トッピングに近江八幡名物の”赤こんにゃく”を加えたもので、近江の幸のおいしいところどりしたお得な味わいが楽しめる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 滋賀県大津・比叡山長浜・米原彦根・近江八幡信楽・甲賀
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP