ぜいたくに(たくわんに)|福井県

ぜいたく煮(たくわん煮)

古くなった沢庵をおいしくいただくという先人の知恵が感じられる逸品

概要

”ぜいたく煮(たくあん煮)”とは、京都府、滋賀県、福井県、石川県、富山県などに伝わる郷土料理。古いたくあんの塩分を抜いて、出汁やしょうゆ、鷹の爪などを入れた汁で煮たもので、家庭によって様々な味がある。名前の由来は、そのままでも食べられるのに、わざわざひと手間かけて煮る点が「ぜいたく」だと、名付けられたようだ。酒のつまみやご飯のおかず、お茶漬けの付けあわせとして温かいまま、または冷やして食べる。主に夏から秋にかけて作られる料理。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 福井県福井市・永平寺勝山・大野敦賀・小浜・若狭東尋坊・芦原温泉越前・鯖江
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP