おうみあゆかつどん|滋賀県

淡海あゆカツ丼

地元食材にこだわり、アイデアを集結させた自慢の一品

概要

“淡海あゆカツ丼”は琵琶湖で育ったアユをサクサクのフライにして近江米のご飯の上にのせ、特製たれをかけて食す丼のこと。琵琶湖のアユは、姿、味の良さでも定評がある。また、滋賀の伝統食である“えび豆”がそえられていて、地元食材を満喫できる一杯となっている。滋賀に根付き伝統食に携わってきた「滋賀県水産加工業協同組合」が地元の食材にとことんこだわり、アイデアを集結させた自慢の一品だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 滋賀県大津・比叡山長浜・米原彦根・近江八幡信楽・甲賀
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP