こくとうかしちょっちゅね|沖縄県

黒糖菓子ちょっちゅね

疲れた体を癒してくれる、黒糖の甘みとサクサクの食感

概要

沖縄では茶菓子として親しまれてる“ちょっちゅね”は、直火の大釜で一気に炊きあげた黒糖に、ミネラル豊富なサンゴのカルシウムを混ぜ込んだ珍しいお菓子。1センチほどの小さな粒状で、食感はサクサクとしていて、口の中ですっと溶けて優しい甘みが広がる。ひとつひとつ個別包装されているので、保存しやすく、持ち運びにも便利。小腹がすいたときでも、散歩中でも、いつでも食べたい時に口に放り込める手軽なおやつとしても重宝しそうな商品である。

基本情報

ジャンル お土産
地域 沖縄県沖縄那覇・沖縄南部恩納村・沖縄中部名護・沖縄北部久米島・慶良間諸島石垣島西表島・竹富島・小浜島宮古島
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP