たまつくりじょうあと|千葉県

玉造城跡

概要

応安の頃、(1368~1371)から野平伊賀守常信が守っていたと伝えられ、城の絵図も残っている。天正16年(1588)小田原城落城により、小田原方であった当時の城主野平常義は僧籍に入り、家族は帰農する。そして城は開放されて、円教山得成寺が創られたが、明治12年(1879)火災により失われ、再建されることはなかった。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 千葉県成田・佐倉
住所 千葉県香取郡多古町南玉造1349番地2
電話番号 【問合せ】TEL:0479-76-5404
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

玉造城跡へのアクセス

PAGE TOP