ぼっかけじる|福井県

ぼっかけ汁

福井の伝統のぶっかけご飯。やさしい味で、いくらでも食べられる

概要

福井県の伝統の郷土料理”ぼっかけ汁”は、ごぼうなどの根菜類、油揚げ、糸こんにゃくといった具材を削り節の出汁で煮込んだものをご飯の上に「ぶっかける」料理。「ぶっかけ」という言葉が次第に「ぼっかけ」と変化して、現在の名称になったようだ。しっかりとしたごぼうの香りから、恵み豊かな土地柄がうかがえる料理。寒い冬に炊きたてのご飯にあつあつのぼっかけをかけて食べれば身も心も温まる。地域によっては、正月三が日の夕食に出されたり、結婚式の最後に花嫁さんに食べてもらう風習が今も残っている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 福井県福井市・永平寺勝山・大野敦賀・小浜・若狭東尋坊・芦原温泉越前・鯖江
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP