りゅうきゅうこうちゃちゃい|沖縄県

琉球紅茶チャイ

紅茶の生産条件を満たす沖縄で育まれる幻の茶葉

概要

”琉球紅茶”の発祥は明治初期。世界の紅茶特産地が熱帯から亜熱帯に集中していることから、明治政府が国内の紅茶栽培地として沖縄に着目したという。以来、100年以上に渡り、沖縄では紅茶の栽培が行われてきた。“琉球紅茶チャイ”の原料になる茶葉は“べにほまれ”という品種。明治時代に国の機関によって改良されたもので、海外でも高い評価を得ていたが、栽培方法の難しさから敬遠されることも多く、幻の品種ともいわれている。この茶葉に秋ウコンやシナモンなどをブレンドすると、ティーバッグでも香り高い本格的チャイが楽しめる。

基本情報

ジャンル お土産
地域 沖縄県沖縄那覇・沖縄南部恩納村・沖縄中部名護・沖縄北部久米島・慶良間諸島石垣島西表島・竹富島・小浜島宮古島
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP