あんずのさとでとれたあんずしゅ|栃木県

あんずの里でとれた杏酒

栃木のあんずを使い、地元の酒蔵がじっくり熟成したリキュール酒

概要

小山市下生井地区にある「あんずの里」で収穫される熟成あんずの実から、6ヶ月かけて抽出したエキスを、更に約1年間寝かせ熟成させた渾身の杏酒。酒水自慢の地域で古くから親しまれ伝統を受け継いできた、杉田酒蔵が醸造を手掛けている。あんずの里では時季が来ると200本ものあんずの花が咲き、約1キロもの花街道が出来あがる。あんずはβ(ベータ)カロチンやクエン酸を多く含み、老化防止や視力の保持・疲労回復・血行を良くする等の効果が期待できる優良な食品でもある。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 栃木県佐野・足利宇都宮日光・鬼怒川那須・塩原益子・真岡小山・栃木市那須烏山・那珂川
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP