きぬのやまといも|栃木県

絹のやまといも

粘り気たっぷり。日本人に馴染み深い昔からのスタミナ食材

概要

主に小山市内の絹地区、鬼怒川地域で栽培されている大和いもを”絹のやまといも”と呼ぶ。大和いもは粘りが強いため、生のまますりおろして「とろろ」で食べるのに向いているという。消化酵素を多く含むため、小山周辺では、昔からスタミナ食材としても親しまれてきた。大和いもの歴史は古く、「東大寺正倉院文書」にも高級食品として明記されている。日本人が長らく親しんできた食材を生だけでなく、様々な料理で楽しんで欲しい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 栃木県佐野・足利宇都宮日光・鬼怒川那須・塩原益子・真岡小山・栃木市那須烏山・那珂川
1月 2月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP