おもいのあゆ|栃木県

思の鮎

清流に泳ぐアユの姿をイメージ。職人の粋を感じる手作り和菓子

概要

”思の鮎”は、アユをかたどった最中にあんをつめて作られる和菓子。栃木県内を流れる一級河川である「思川(おもいがわ)」を泳ぐアユの姿を忠実に再現するため、最中の表面にキラキラと光る砂糖の結晶がほどこされている。この作業は、厳密な温度管理の中、丸2日をかけて手作業で行われるという。無添加で作られるあんはさっぱりとした後味で、「こしあん」と「抹茶」の2種類から選べる。小山市の地域ブランド「おやまブランド」にも認定された市を代表する和菓子のひとつだ。

基本情報

ジャンル お土産
地域 栃木県小山・栃木市
住所 栃木県小山市
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP