しばこうえんおよびぞうじょうじけいだいのさくら|東京都

芝公園及び増上寺境内の桜

概要

公園内には4~5世紀の前方後円墳「丸山古墳」があり,その周辺にソメイヨシノ,ヤマザクラ,サトザクラなど合わせて60本余りのサクラがある。また,増上寺境内のソメイヨシノも見事で,春には花見客でにぎわう。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 東京都都内(23区)赤坂・六本木
住所 東京都港区芝公園4
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【時期】4月上旬

芝公園及び増上寺境内の桜へのアクセス

*都営地下鉄芝公園駅・御成門駅/徒歩/3分・都営地下鉄大江戸線赤羽根橋駅/徒歩/5分

みんなのベストショット!

  • 芝東照宮に参拝時には、桜の木もあり又イチョウの大木も見る!

    芝東照宮に参拝時には、桜の木もあり又イチョウの大木も見る!

    今回は芝東照宮のイチョウについて書く。芝公園内にある芝東照宮 は、徳川家康公を御神体として祀っている神社です。御神木の大 イチョウは徳川家康が植えたとされ、徳川家康の像と共に東京都 の重要文化財です。芝東照宮は、以前は増上寺安国殿と呼ばれ 「江戸時代図会」にもその姿が見られる。明治神仏分離によって 増上寺から切り離され、東照宮となった。このイチョウは寛永18年 (1641)に、安国殿の再建に祭し、三代将軍徳川家光が植えたものと伝えられる。平成5年(1993)の調査では、高さ5メートル 目通り幹回り約6,5メートル、根本の周囲が約8,3メートル あります。以上は東京都教育委員会からの連絡です。

    保坂泰夫さん(東京都大田区) 2018.05.11 21:37
    保坂泰夫さん
PAGE TOP