かんぴょうものがたり るかんた|栃木県

かんぴょう物語 るかんた

ジャムになった“かんぴょう”は意外にもお菓子にマッチ

概要

栃木県は、全国でもトップクラスの”かんぴょう”の生産地で、全国の生産量の約9割がこの地で栽培されているという。これだけの生産を行えるのは、栃木県の水はけのよい広大な土壌が、かんぴょうの生産に適しているためだといわれる。その特産品でもあるかんぴょうをジャムにしてお菓子にしたのが、小山市内に店を構える和菓子店「乙女屋」だ。斬新さが感じられる組み合わせだが、かんぴょうジャムとスポンジがしっくりとくる味わい。仲の良い豊かな風味が楽しめるお菓子に仕上がっている。

基本情報

ジャンル お土産
地域 栃木県小山・栃木市
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP