はねぎしぼり(じゅんまいしゅ)|長崎県

はねぎ搾り(純米酒)

伝統のはね木搾りで作られたワインのような味わいの純米酒

概要

島原半島南部の南島原は、有明海と雲仙普賢岳に囲まれた風光明媚な土地。大正6年(1917年)創業の吉田屋は、巨木を使ってもろみを手作業で搾る伝統の「はね木搾り」で酒造りに取り組む。「はねぎ搾り 純米酒」は、長雲仙普賢岳の伏流水と70%精白米を用い、つるバラの花酵母で仕込んでいる。ほんのりとした香りがあり、甘味・酸味・心地よい苦味と、ふくらみある旨味のバランスが絶妙。「ワインのような味わい」と評判だ。アルコール度数14度と若干低く、飲みやすい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長崎県長崎市佐世保・平戸諫早・大村・波佐見雲仙・島原壱岐・対馬・五島列島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP