だいぎんじょうふるさとさんか|長崎県

大吟醸ふるさと賛歌

地元の米と水と小値賀杜氏が作る、香り麗しくフルーティな名酒

概要

平戸藩の蔵として、元禄元年(1688年)に創業。「地の米、地の水、地の人」をモットーに、酒造りに取り組む。「大吟醸ふるさと賛歌」は、地元産の山田錦を40%まで精米し、敷地内の湧水を使い、小値賀杜氏(おじかとうじ)が仕込む。もろみを袋に詰めて搾る「ふなしぼり」で搾る。手間がかかり、酒粕も多く残るぜいたくな搾り方は、味にこだわる蔵元ならでは。ライチや水仙を思わせる香りと、ほんのりした甘みと滑らかな酸味が広がるフルーティな味わいがある。平成21年全国新酒鑑評会の金賞受賞など、評価の高い傑作。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長崎県長崎市佐世保・平戸諫早・大村・波佐見雲仙・島原壱岐・対馬・五島列島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP