しょうろうながし|長崎県

精霊流し

「ふなしぼり」で作るすっきり辛口の原酒

概要

潜龍酒造は平戸藩の蔵として、元禄元年(1688年)に創業した。「地の米、地の水、地の人」をモットーに、酒造りに取り組む。「精霊流し」は、長崎県出身のさだまさし氏がデザインしたオリジナルラベルの日本酒。レイホウ、山田錦、イセヒカリを原料に、もろみを袋に詰めて搾る「ふなしぼり」で搾る。手間がかかり、酒粕も多く残るぜいたくな搾り方だが、いい味の酒ができる。すっきり辛口の原酒なので、冷酒やオンザロックで味わいたい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長崎県佐世保・平戸
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP