しょうおうけんかすてら|長崎県

松翁軒カステラ

300年以上の歴史を持つ老舗が伝統の製法で作り続けるカステラ

概要

カステラは、古くは室町時代にポルトガル人が上陸した長崎でその製法が伝えられ、その後独自の進化を経て今の姿になった。松翁軒は江戸中期、カステラ発祥の地・長崎で創業。代々菓子作り一筋に、300年を超える歴史を持つ。創業以来受け継がれてきた技術と伝統で、熟練の職人が一人ひとつの釜を受け持ち、丁寧に焼き上げている。卵、上白糖、ザラメ、小麦粉、水飴という原料は昔のままに、余分なものを一切加えない。しっとり、ふんわりした口どけとともに、底のザラメの食感も楽しめる。

基本情報

ジャンル お土産
地域 長崎県長崎市佐世保・平戸諫早・大村・波佐見雲仙・島原壱岐・対馬・五島列島
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP