かぶらずし|石川県

かぶら寿し

金沢を代表する正月の定番すし料理

概要

塩漬けにしたブリを同じく塩漬けにしたかぶではさみ、麹(甘酒)に漬けた「なれ寿司」の一種である。金沢では古くから冬の保存食として食べられており、各家庭ごとに様々な味が存在し、ブリではなくサバも用いられる。古い記録としては、「金沢市史」(風俗編)に宝暦七年(1757年)の頃の年賀の客をもてなす料理として「なまこ、このわた、かぶら鮓(すし)」との記述がある。現代でも正月の定番料理として金沢だけでなく富山などでも盛んに食べられている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 石川県金沢
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP