たいのからむし|石川県

鯛の唐蒸し

色とりどりの食材を鯛に詰めてつくられる、豪華な婚礼料理

概要

二匹の鯛の腹に、銀杏、百合根、麻の実、キクラゲ、ニンジン、レンコンなどを入れたおからを詰めて大皿にならべたもの。雌雄のタイを二匹腹合わせにして並べる。

【歴史・由来】
長崎より中国料理の鯛の調理法が伝わったとされ、唐蒸しという名が付いたと伝わる。腹開きではなく背開きとする点には加賀藩の武家文化も残ると伝わる。いまは婚礼の際に食されるハレの日の料理であり、子宝にめぐまれるようたくさんの食材を豪華なあしらいで供することが慣習だ。

【食べるシーン】
婚礼料理、お祝いの席。

【作り方】
・鯛をおろして酒をふる。
・おからに銀杏、百合根、麻の実、キクラゲ、ニンジン、レンコンをまぜ炒める。
・味を調えて、おからを鯛の中にいれて蒸す。
※上記は一例です

【提供店】
石川県金沢市の料亭など。




基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 石川県金沢能登半島輪島・珠洲和倉温泉・七尾加賀・白山
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP