せきくろめりゅうきゅうたれ|大分県

関くろめりゅうきゅうたれ

地元のしょうゆと特産の海藻で作った郷土料理のたれ

概要

「りゅうきゅう」は大分の郷土料理。魚の刺身をしょうゆベースのたれに浸けこむ、いわゆる「漬け」呼ばれる食べ方だ。りゅうきゅうの名前の由来は諸説あるが、琉球から伝わったという説や、千利休に由来するという説などが有力だという。「関くろめりゅうきゅうたれ」は、しょうゆに佐賀関特産の海藻・くろめを加えた。甘すぎず辛すぎず、磯の香りとあいまってクセになる美味しさだ。くろめ独特の粘りととろみがあり、食材にしっかり絡むので、サラダのドレッシング、コロッケのソースなどにもおすすめ。

基本情報

ジャンル お土産
地域 大分県別府国東半島・中津・宇佐日田・天ヶ瀬九重・竹田・豊後大野湯布院大分市・佐伯・臼杵
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP