やまろのあつめしたれ|大分県

やまろのあつめしたれ

郷土料理から生まれたたれ。魚の漬けに、万能調味料に大活躍

概要

「あつめし」は、豊後水道に面した漁師町・米水津(よのうづ)に伝わる郷土料理。たれに漬けた魚の刺身を熱々のごはんに載せて食べるもので、昔から漁師達が船の上で食べていたまかない飯が由来と言われている。しょうゆベースの甘口のたれがブリやアジなど青魚の臭みを和らげ、ご飯によく合う。やまろ渡邉のあつめしたれは、しょうゆ、ごま、調味料をあわせ、隠し味に魚醤を加えている。魚の漬けはもちろん、万能調味料として、野菜炒めや肉料理、卵かけご飯の味付けにもよくあう。

基本情報

ジャンル お土産
地域 大分県別府国東半島・中津・宇佐日田・天ヶ瀬九重・竹田・豊後大野湯布院大分市・佐伯・臼杵
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP