きよすみていえん|東京都

清澄庭園

概要

関宿藩主久世家下屋敷の庭園で、明治に岩崎弥太郎が手に入れ隅田川の水を引き、泉水、築山、枯山水を主体にした回遊式築山泉水庭とした。この造園手法は、江戸時代の大名庭園に用いられた。1979年に東京都の名勝に指定された。また「清澄庭園」は、関東大震災では災害時の避難場所としての役割を果たし、多数の人命を救った。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 東京都都内(23区)亀戸・葛西・門前仲町
住所 東京都江東区清澄3-3-9
電話番号 【所在地】TEL:03-3641-5892 / 【問合せ】TEL:03-3641-5892
営業時間 公開:9:00~16:30
定休日 休業:年末年始
料金 【大人】150円 / 【中学生】150円 / 【備考】 *小学生,都内在住・在学の中学生は無料
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【築庭年代2】備考参照 *1878年(岩崎氏が所有し庭園整備をした年)・公園としての公開は1929年

清澄庭園へのアクセス

清澄白河から徒歩で2分 *東京メトロ半蔵門線 都営大江戸線

PAGE TOP